脂質異常証について

特集 No.95 2008年発行

みなさんは「脂質異常症」という病気をご存知ですか?
コレステロールや中性脂肪という言葉を聞くとピンとくる方が多いのではないでしょうか?
近年、糖尿病や高血圧症とともに、メタボリックシンドロームの一因と言われています。
コレステロールや中性脂肪が高い状態が続くと、血液がドロドロになり、血管が固くなり、詰まりやすくなります。更に、動脈硬化症や狭心症などの原因にもなります。
しかし、コレステロールは大切な役割も担っています。からだの言周節に必要なホルモンなどの材料となったり、血管を丈夫にしたり、免疫力を高めたりする働きもあります。日本動脈硬化学会は『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年度版』を発表し、病名が『高脂血症』から『脂質異常症』へ変更されました。
診断基準
 従来のガイドラインでは、総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪のいずれかが基準より高い場合を治療の対象としてきましたが、今回の改訂では、総コレステロール値が診断基準から外れました。
また、HDLコレステロール値に関して新たな基準が設けられ、LDL・HDLコレステロール値・中性脂肪値で評価することが日月記されました。
 そもそも、LDLやHDLとは何なのでしょうか?
LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。LDLはコレステロールを血管壁に付着させ動脈硬化を進める原因になります。逆にHDLは動脈の内側についたコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きがあります。
悪玉や善玉と呼ばれる理由はこのためです。
 
脂質異常の診断基準
項目改訂前改訂後
総コレステロール220mg/dL以上――――
LDLコレステロール140mg/dL以上140mg/dL以上
中性脂肪150mg/dL以上150mg/dL以上
HDLコレステロール――――40mg/dL未満
 
 
※いずれも空腹時の数値
  
 以前の指標(総コレステロール220mg/dL以上を高脂血症としていた)では、成人のほぼ4分の1、中高年女性に限れば半数以上が『高脂血症』と診断されていました。
ところが、体に異常を引き起こすのは、LDLコレステロール値が『高い』場合、あるいはHDLコレステロール値が『低い』場合に多いということが分かってきました。
従来のように、総コレステロール値のみで判断が出来なくなってきたわけです。
治療
 

脂質異常症の治療は、生活習慣の改善から始まります。
その主な内容は、
1.食生活の見直し
2.適度な運動
3.適正体重の維持
4.禁煙 となります。

  
 食生活を見直しエネルギー摂取を適正にしましよう。1日に必要なエネルギーは、標準体重×25~30kcalで表されます。標準体重は、身長(m)×身長(m)×22を目安にしてください。
 肉料理よりも魚料理を多く食べましょう。脂肪には、肉に多い飽和脂肪酸と、魚に多い不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸はコレステロールを増やし、不飽和脂肪酸にはコレステロール値を下げる効果があります。
 食物繊維を多くとりましょう。野菜はもちろんのこと、キノコや海藻、こんにゃくなどに含まれる食物繊維は胆汁酸とくっついて排泄されるため、胆汁酸のもとになるコレステロールを減らしてくれる効果があります。
 ビタミンを多く含む野菜や果物を多く食べましよう。ビタミンの中でもAとCとEは、コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を進めにくくする効果があります。
 禁煙をしましよう。喫煙は、ビタミンを破壊し、善玉コレステロールを減らし、動脈硬化を進めます。ぜひ、禁煙をおすすめします。
 
運動しましょう。運動は善玉コレステロールを増やす働きがあります。
 どうしても生活習慣が改善できない場合や、生活習慣を改善しても変化が見られない場合(家族性の遺伝も含む)には、薬による治療も行うことになります。薬を飲み始める前に出来る事は沢山あります。
また、薬を飲み始めていても、生活習慣の改善は必要です。日頃から意識して生活し、脂質異常症になりにくい体づくりを心}卦けましょう。


薬で脂質異常症を根本から治すことが出来ますか?

脂質異常症は遺伝性の脂質代謝異常を除くと、生活習慣に起
因する場合がほとんどです。どちらの場合も生活習慣そのものを正す必要があります。薬だけで治すことは不可能です。
軽度のうちに自己管理をしっかりし続ければ、検査値を基準値内に保ち続けることが出来ます。


また、薬を飲むようになっても、根気よく生活習慣の改善を続け、検査値が基準値内となれば、薬をやめることが出来る場合もあります。
さらに、その状態を保ち続ける生活が身に付けば、ある意味では治ったともいえるでしょう。
しかし、どちらの場合でも基礎として脂質異常症になりやすい体質があるので、油断して以前の食生活や運動不足の生活に戻れば、また脂質異常症になる可能性は高くなります。

( 薬剤師 三崎 千寛)