在宅訪問について

薬の説明やご相談、薬の管理のお手伝いをします

薬剤師が患者さんのご自宅や入所している施設に伺い、薬の説明や服薬についてのご相談、薬の適切な管理の手伝いをします。

 

薬局に来ることが困難な患者さんや薬の管理に不安がある患者さんを対象に、薬剤師が在宅訪問を実施しています。

薬剤師が患者さんのお住まいや入所している施設に直接伺い、薬の説明を行う他、服薬についてのご相談や残薬の確認・調整なども実施しております。

薬の管理が困難な患者さんにはお薬カレンダーの活用や、医師や訪問看護師と連携しながら、用法や剤形の変更、服用時間ごとに薬をまとめる一包化の提案をすることもあります。

在宅訪問の利用方法

在宅訪問サービスの利用方法

  • 担当医に相談し、薬剤師の訪問について同意をもらいます。
  • ひまわり薬局と患者さんとの間で在宅訪問に関する契約手続きを行います。手続きについてはひまわり薬局の職員が説明します。
  • 処方箋に基づいて薬の準備を行い、訪問日程を調整します。
  • 薬剤師が患者さんに薬を届け、服薬指導・管理などを実施します。
  • 医師や訪問看護師、ヘルパー、ケアマネージャーなどとの会議で情報共有をして、在宅医療、介護サービスの向上を目指します。

在宅訪問にかかる費用について

在宅訪問を利用する場合は薬代に加えて別途費用が発生します。1回の訪問にかかる費用はおよそ300円~600円です。

利用している保険(介護保険・医療保険)や居住環境などによって費用が変わります。詳細については、薬局にお問合せください。