新着記事一覧

  • 特集 No.159 2018年11月発行

    冷え症と漢方薬

    冷え症で悩む方は多く、冷えは全身に感じる事もありますが、手足や腰、背中などの部分的に感じる場合も多いです。漢方治療は、はっきりとした原疾患が不明の場合に、自覚症状の改善に効果が期待できます。時間をかけて治療をしていく必要がありますし、漢方薬の服用だけではなく、身体が冷えるような生活を冷えにくい生活に変えていくことも大切です。

  • コラム No.159 2018年11月発行

    つるつる路面に気をつけよう

    今年も冬が近づいてきました。雪が降って路面が凍結すると危ないのが転倒です。転ばないコツは、歩き方に気をつける必要があります。

  • 特集 No.158 2018年9月発行

    腸内フローラについて

    最近、テレビ番組やコマーシャルなどで腸内フローラについてとりあげられています。今回は腸内の健康について特集します。

  • コラム No.158 2018年9月発行

    「お薬代のしくみ」〜1日に2回処方せんを出したとき〜

    みなさんは、例えば午前中に内科の処方せんを薬局に出し、午後、同じ病院の整形外科を受診してからふたたび処方せんを出したときに、お薬代の支払いで「お会計が変わるので少々お待ちください」と言われたことはありませんか?そこには、ふたつの処方せんの金額を単純に合算することができない理由があるのです。

  • 特集 No.157 2018年7月発行

    白内障

    「白内障」という病名を聞いたことがある方は多いと思いますが、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?「目が見えなくなる」「手術をしなければならない」「今は見えるから放っておいても大丈夫……?」など、様々なイメージがあると思います。今回はそんな白内障についてお話しします。

  • コラム No.157 2018年7月発行

    夏野菜の効用

    新鮮な野菜が出回る季節になりました。家庭菜園の野菜も、そろそろ収穫を迎えますね。野菜には体に必要なビタミン類が豊富に含まれていますが、それ以外にも野菜の効用として昔から知られているものがあります。

  • 特集 No.156 2018年5月発行

    糖尿病の薬について

    最近新しい作用機序(薬が効き目を発揮するしくみ)の薬が発売され、治療 の選択肢が増えました。今回はその中から「血糖値が高いときだけ下げる」、「余 分な糖分を尿とともに排出する」といった薬について紹介します。

  • コラム No.156 2018年5月発行

    北海道の「リラ冷え」とは?

    「花冷え」という言葉があります。桜の咲く時期、一時的に気温が低くなったり、冷たい雨が降ったりしますが、そんな冷え込む日のことを表しています。北海道では「リラ冷え」という言葉を使っています。

  • 特集 No.155 2018年3月発行

    新型タバコの害

    体へのリスクが通常のタバコより少ないと言われていることや、煙が少なく衣服に匂いがつきにくいことから徐々に使用者がふえてきています。しかし、実際のところ本当に害が少ないのでしょうか?

  • コラム No.155 2018年3月発行

    春と睡眠

    皆さんは「春バテ」という言葉をご存知ですか?「春バテ」とは生活環境の変化や激しい寒暖差、ホルモンバランスの乱れなどが原因でおこる症状で、体がだるく感じたり、イライラしたりといった身体的や精神的な不調があります。その他にも睡眠の不調があるともいわれています。