研究情報の公開について

2019年10月3日 お知らせ

 通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施をします。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いる研究等は、国が定めた指針に基づき対象となる患者さんお一人ずつから直接同意を得る必要はありません。しかし、研究の目的や実施の情報を公開し、これに同意しない旨を表明できる機会を保障することが必要とされております。
 このような手法を「オプトアウト」と言います。当社におけるオプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

北海道保健企画で実施の研究

2019年度に承認の研究
◆薬局名  菊水ひまわり薬局  <タイトル名:在宅訪問患者への減薬提案の取り組み


◆薬局名  東区ひまわり薬局  <タイトル名:多剤服用患者における減薬の取り組み